知識

「AMCカード」と「ANAカード」の違いとは?マイルを上手を貯めたい

ANAマイレージクラブとは?

虹と飛行機

ANAマイレージクラブ(AMC)は、ANA(全日本空輸)が提供するマイレージサービスです。
マイレージとは、航空会社の実施しているポイントサービスであり、ポイントの単位は「マイル」です。
マイルとは、アメリカの距離の単位のことであり、1マイル=1.6キロです。
ANAマイレージクラブに入会すると、ショッピングやフライトでANAマイルを貯めることができます。
貯まったマイルは、無料航空券などに交換することが可能です。

ANAマイレージクラブに入会するには、「ANAマイレージクラブカード(AMCカード)」を発行するか、クレジットカード各社と提携している「ANAカード」を発行するという方法があります。

AMCカードとは?

AMCカードは、入会金・年会費無料のカード型会員証です。
航空機を予約する際、会員番号を予め登録しておけば、自動チェックイン機にカードを通すことで搭乗券の発券が可能です。
クレジット機能はありません。

ただし、発行手数料500円を追加することで、電子マネー「Edy」を搭載した「ANAマイレージクラブEdy」を発行することが可能です。
Edyが利用できれば、ショッピングで日常的にマイルを貯めることが可能になるので、通常のAMCカードよりも効率的にマイルが貯まります。

また、AMCカードにはスルガ銀行のキャッシュカード機能が付いている「ANAマイレージクラブ・フィナンシャルパスカード」もあります。

ANAカードとは?

ANAカードは、AMCカードにクレジット機能が付いたカードです。
提携クレジット会社によってサービスや年会費などが異なります。
JCBやVISAなどの国際ブランドと提携しており、一般カードやワイドカードなどのグレードがあります。
ANAマイルを本格的に貯めるなら、クレジット機能付きのANAカードの方がおすすめです。
「マイルはフライトじゃないとあまり貯まらない。それなら入会金・年会費無料のAMCカードの方がいい」という方も多いと思いますが、日常的に使用すればショッピングだけでもマイルが貯まります。
ANAカードのマイル交換レートは、ANA提携店で使用すると100円=1マイルですが、それとは別に提携会社のポイントをマイルに移行することができます。

ANA JCBカードの場合

たとえばANA JCBカードの場合、カード決済1,000円につき「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まります。
通常ですと1Oki Dokiポイント=5マイル(100円=0.5マイル)、年間5,000円の移行手数料を支払うと1Oki Dokiポイント=10マイル(100円=1マイル)に移行できます。
毎月10万円のカード決済がある場合、10万円で100Oki Dokiポイント、1年間で1,200Oki Dokiポイント貯まります。

もしも100円=1マイルコースにした場合、12,000マイル貯まり、無料航空券と引き換えに東京大阪間を一往復することができます。
年会費や移行手数料がかかりますが、普通にチケットを買うよりもお得です。

また、ANA JCBカードには「JCB STAR MEMBERS」や「Oki Dokiランド」などのボーナスポイントもありますし、1,000円以下の買い物でも「QUICPay」を使用すれば蓄積されてマイルに交換できます。

他の提携クレジット会社によっても、様々なサービスがあります。
自分に合ったANAカードを探して、上手にマイルを貯めましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧