知識

400円プラスするだけで年金の受給額アップ!付加年金とは?

付加年金はどれくらいお得?

年金受給者

付加年金は、定額保険料に加えて毎月400円の付加保険料を支払うことで、年金の受給額をアップできる年金です。
定額保険料と違い任意のオプションですので、自分から申し込む必要があります。
付加年金で貰える金額は「200円×付加保険料納付月数」(年間)です
もしも20歳から60歳までの40年間付加保険料を納めた場合、200円×480ヶ月(40年)=年金96,000円の年金が貰えます。
400円を480ヶ月支払うと19万2,000円の支出ですので、わずか2年で元が取れます。

付加年金の対象者は?

非常にお得な制度ですが、付加年金に加入できるのは国民年金の第1号被保険者だけです。
第1号被保険者とは、自営業や学生、無職の方などであり、第2号・第3号の被保険者ではない人を指します。

どうして第2号・第3号被保険者は加入できないのかというと、第2号被保険者はすでに厚生年金という国民年金の2階建て部分の年金に加入しており、第3号被保険者は本人の保険料負担がないので、それ以上サービスする必要がないと考えられているからです。

もしも第2号被保険者が年金を追加したいという場合は、企業年金に加入しましょう。
企業年金には、厚生年金基金、確定給付年金、確定拠出年金の3種類があり、企業によって導入している制度や個人の負担額が異なります。
第3号被保険者は、優遇された上乗せ年金を利用することができないというデメリットがありますが、国民年金の定額保険料を払わなくてよいので、その分を貯蓄したり民間保険会社に預けたりするという選択肢があります。

付加年金の申し込み方法

付加年金は、住民票のある市区町村の年金窓口で申し込むことができます。
付加年金の手続きをするためには、年金手帳又は基礎年金番号通知書が必要ですが、申請書に必要事項(住所や氏名など)を記入するだけでOKというケースもあります。
手続き自体は簡単ですので、加入したい方はなるべく早く申請しましょう。

付加年金は国民年金と一緒に支払いますので、年金の支払いを納付書で行っている場合は、付加年金の加算された納付書が届きます(2015年度の年金であれば、1万5,590円+400円=15,990円)。
前納してすでに国民年金を納めている場合は、前納している分だけ付加保険料を支払います。
たとえば2016年3月分まで前納しており、2015年11月に付加年金を申し込んだ場合は、11月から翌年3月までの5ヵ月分の付加保険料(400円×5=2,000円)を窓口で支払います。

付加年金のデメリット

ただし、付加年金と国民年金基金の併用はできませんので、どちらかに加入している間は、もう一方に加入することはできません。
国民年金基金も、第1号被保険者だけが任意で加入できるオプションであり、年金受給額をアップするという目的は同じですが、様々なバリエーションがあり、賭け金も月額6万8,000円まで支払うことが可能です。
金銭的に余裕のある方は国民年金基金、生活が苦しいという方は付加年金を検討することをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧